1. HOME >
  2. 众への想い

众への想い

日本酒への深い愛着と憧憬を心に醸し、
あるとき、日本古来の酒造りへの挑戦が始まった。

誕生秘話

食中酒として飲むときに、日本酒はワインに比べ存在感・ボディーが弱いと常々感じていた。また日本酒は本来、軽快で吟醸香の高い酒質ではなく、どっしりとした深みのある味の純米酒ではなかったかとも感じていた。いつも生酛・山廃を意識していたが、御神酒等の需要もあり、普通酒に依存する体制から抜けきれないでいた。 そんな矢先、旅行先での夕飯時に日本酒と向き合っていた際、最後に山吹色の山廃純米酒を口にした。「やはり、これだ!!」と思った。日本酒のだれた甘さが全くない。後味がスカッとしている。濃厚で味に深みがあり、圧倒的な酸とアミノ酸を感じ、それでいて後味が切れる豪快な酒を造りたい。肉料理にも合う、どんな味にも負けない酒。さらに燗をすれば味の深みが広がり、料理の油をすっと口中で流してくれる。そんな酒を目指そう!長年のわだかまりが瓦解する瞬間であった。

Communication

昔から「和は良酒を醸す」と言われます。どんなに環境が整っていても、人々の和が乱れていては、良い酒はできません。当蔵では、蔵人たちが気持ちを一つにし、皆で一丸となって酒造りに取り組んでいます。「众(ぎん)」という字には、一つ屋根の下に人々が集まり、力を合わせて、世界に誇れる酒造りに打ち込んでいこうという、私たちの想いが込められています。

Origin

新しい酒を生み出す前にまず行ったのは、酒造りの環境を一から見直すこと。蔵を徹底的に磨き上げ、米一粒も、塵一つも落ちていない清潔な蔵にして、純粋なきれいな酸を持ち、重厚で骨格のしっかりとした骨太の、世界に通用する生酛造りをしていこう。この強い想いを胸に、新しい蔵を建て「众醸蔵」と名付けました。

アクセス

お車でお越しの方

  • 東名高速道路・岡崎I.C.から約30分
  • 東海環状自動車道・豊田松平I.C.から約30分

公共交通機関でお越しの方

  • ささゆりバスご利用/岡崎げんき館前から「下山地区線」で約40分。事前にバス運転手さんに「柴田酒造場で下車」とひと声おかけください。最寄りの場所で停まります。

※ささゆりバスは平日のみの運行です。その他の額田地域のコミュニティバスなど詳しくは、岡崎市Webサイトをご確認ください。

〒444-3442 愛知県岡崎市保久町字神水39番地 TEL 0564-84-2007 FAX 0564-84-2785
営業時間/平日8:00~17:00 土曜・祝日 10:00~16:00
土曜・祝日は不定休です。下記の営業カレンダーをご確認ください

  • 営業日カレンダー

    2018年 9月
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    2018年 10月
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4

    定休日